FC2ブログ

【エース】禁断聖地。【12月号】

みなさん、大変です・・・。

今月号、買ってみたはいいんですが・・・



巻末にガイバーが載ってないんですっ!!(※915ページから載ってます)


それではいつものようにレッツネタ☆バレ!


広大な海原を抜け、シラー島へと向かう一筋の光。
その正体はアルカンフェルに事を報告せんがためにシラー島を訪れたバルカスだった。

眠りの神殿にてバルカスを出迎えるイマカラム。
久々にイマカラムと対面したバルカスは以前から引っかかっていたイマカラムの洗脳への疑問を反芻するが杞憂だったと安堵する。

そして未だ眠りから醒めることのないアルカンフェルに向かって跪き、これまでの失態を詫びる。
この汚名を返上する為にも命と引き換えにしてでもガイバーどもを倒すと決意をしたその時、

「ナラヌ!!」

アルカンフェルが数カ月の眠りから目を醒ますのだった。







今回はクロノス陣営(アルカン)の場面でした。
巻島が得たナビメタの情報の詳細は持ち越しってことですか。次は何カ月、何年後になるのか・・・。

それにしても今回は消化不良でしたね。まあ今回に限ったことではありませんが(笑)
最後のアルカンが目覚めたところで終わりっていうのがどうも中途半端に思うんですよね。正直、今回のサブタイトルは「バルカス、ご主人様に平謝りの巻」ですよ。

そんなんだから特筆すべきところもないですしね、困ったもんです。


ところで、どうやらエースが15周年らしく各連載作家さんがサイン色紙を描いていて、それが読者プレゼントになっていました。

もちもん我らが高屋御大もこのとおり!


サイン色紙



どうです、サイン色紙でもこのクオリティ・・・

いや、だめだろ!こんなん描いてたらまた遅れるだろっ!何描かせてんだ編集部コノヤロウ!!
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- 銀の牙 - 2009年10月26日 20:14:39

今月号も載っていて安心しましたが、考えてみればアルカンフェルが眠っている間に、5人もゾアロードいなくなってるんですよね。
アルカンフェルが、バルカスに『ナラヌ!!』と言うのもわかる気がします。これ以上ゾアロードを失ったら、とても宇宙にまで遠征できません。

- ざしきブタ - 2009年10月26日 22:40:09

お久しぶりです。ざしきブタです。
いやはや、今回は全くもってガルファンさんのおっしゃる通りですよ。いつも中途半端でとぎれる癖はなんとかならんのか?それとサイン色紙もその通りでまたいきなり休載なんてことになりかねんしなー。それだけは絶対に勘弁してもらいたいですよー。
さて今回のことで疑問がひとつでました。イマカラムはなんでシラー島にいたんでしょうか。26巻の巻頭でアルカンフェルの眠りの呪いを解くために行動するような描写があったのに・・・まさか今までずーとアルカンフェルのそばでぼけーとしていたんじゃないだろうな・・・

- Gulfan - 2009年10月26日 22:53:57

>>銀の牙さん
確かに載ってて安心はしましたが、いかんせん話が進まない(笑)
多くの獣神将を失ったのは痛いですが、クロノスの中核を担うバルカスだけは失いたくなかったのでは?

>>ざしきブタさん
おひさしぶりです。
懸念されている、「18Pくらいしかページが貰えていない」説が正しければあのくらいで切るほかなかったのかもしれません。
まあうまくまとめれば同じページ数でもっと話進められそうですが(^^;
確かに以前の描写ではイマカラムは外出していたような感じでしたね。
おそらく実際に出てはいるんでしょうが、バルカスに怪しまれないようにずっと神殿にいたように装っていた、とか。

果たして何の為に外出していたのか、何故バルカスの目を欺く必要があるのか。

進んでないように見えて実は事の真相が隠されているのかもしれません。

- シゲキ - 2009年10月29日 12:43:31

毎度、お久しぶりです。
(連載が連載だから仕方がないことですが・・・)

今回は、不覚じぃちゃんが孫の様子を見に行ったの巻でしたが、
じぃちゃんが自らを、不覚じじぃかもと思っていた描写が笑えましたが、やっぱり不覚ですね。

あっちゃこっちゃ話しが飛んでしまっていますが、
御君、高屋さまはきっとシラー島のように時間が止まっておられるのではなかろうかと。

ではでは、駄文にて申し訳ありません。
また、次の掲載まで。

- Gulfan - 2009年10月29日 22:42:08

>>シゲキさん
毎度お久しぶりです(笑)

今回も相変わらずの停滞ぶりでしたね(^^;
しかし、もしかするとここ最近のスローペースは後の超展開への布石で、燻ってた火種が導火線を辿って爆弾に辿りつくかの如く嵐のような展開が待っているのかもしれませんよ(笑)

冗談ぽく言いましたが、現在少しずつ動きを見せている各陣営が一度に会した時なんか考えると想像もできない展開になるような気がします。

某所では広げた風呂敷をどう畳むんだみたいな事が言われていますが、この線で行けば一気の物語は収束し、終息すると思うんですが・・・難しいでしょうねぇ(^^;

- 試作獣化兵 - 2009年10月31日 21:48:58

■強殖装甲ガイバー27巻のあらすじ

 ・エンザイムⅢ vs ガイバーⅡF
  →バリアーゾアノイドが登場するが、瞬殺。他に特に何もなし、仕組みは巻末資料で語られるか?

 ・クルメグニク&ジャービルにギュオー加わる
  →「俺様の手で、世界を、クロノスをひっくり返してやる」と言っていたギュオー。
   あの伏線から、13年もの時を経て、ようやく始動を始める。
   (ホント永かったヨ・・・)

 ・ガイバーⅢ、化石ナビメタに電気的接続
  →「世界がひっくり返りますよ」と言っていた巻島。
   あの伏線から9年の時を経て、ようやくナビメタをゲット!
   しかし、どっかで見たような内容を繰り返し、最後に「そういうことか」と呟いて終わる。
   (エ?ドウイウコトなの?)

 ・バルカス爺、アルカンフェルに平謝り
  →そのうち、シラー島に行くといっていた爺、島で主に謝る。
   アルカンフェルは腹話術状態。
   (エ?それで終わり?)
   精神接続した村上とは何らかの関係があるのだろうか?

-----------------------------------------

26巻以降、ぐだぐだだな…
主人公であるガイバーⅠやギガンティックは二巻連続で登場しないのかもしれない・・・
もう、今は行き当たりばったり感が強すぎだよね…
緻密な程先々までの展開を考えたストーリーが売りのマンガだったのに、今じゃその面影も悲惨な位出たとこ勝負
VDFでアポルオン登場を匂わせてた筈なのに、なんか松本久志のブライオーのパクリみたいだよな
オリジナルがパクリをパクって巨大化、ギャグマンガになってどうすんだよ…
そもそも当初クロノス日本支部がガイバーによって破壊された時点(単行本2巻だったかな)
で、俺達の戦いはまだまだ続くぜ!で完結予定だった漫画に緻密な構想展開とかあるわきゃないか。
あの頃のスピーディーな展開に戻ることは出来ないのかな?せめて30巻台前半で完結してほしい。
一番の心配はこれ以上今のていたらくが続けば打ち切りも有り得るってことだよな。
恐らく新規ファン獲得は絶望的で、雑誌の売上への貢献は怪しいし、単行本も数年に一冊じゃぁな。
話の構成や展開スピードの遅さから行って興味を持った新規読者が居たとしても
付き合っていられないのですぐに離れていってしまうんだろうな。
せめて30P/月程度は安定して書ける能力があったら違うのにね。
話が遅いくせに無駄な描写も多いからなあ。
今、出版業界は氷河期だから、このご時世に予告なしに休載するわ、
雑誌のカラーにも合わないこの漫画をどこまで飼っていられるか。
今までは何とかなってきたんだが、現実、今は俺も厳しいと思う。
エース自体の今後は連載作品数そのものを減らして価格を若干下げるという考え方もある。
売れない作家を減らしても費用的にはあまり変わらないかもしれないが、
そうなったら、迷走している今のガイバーはエース購買層の支持は得られないだろうからかなり危ない。
それまでに風呂敷畳めるのかなぁ。
同じくらいの書き込み量の漫画でも月に30~60P書いているのは普通に見かけるのだけどね。

Re: タイトルなし - Gulfan - 2009年10月31日 22:30:42

試作獣化兵さん、こんにちは。

何やらどこかで見たような文章がガツガツ目に入ってくるんですがきっと気のせいでしょう。
また、どこぞでこの中の内容のいくつかにレスした記憶があるような気もしますがきっと気のせいでしょう。

ということはこの書き込みもきっと気のせいでしょう。

- つーやん - 2009年11月05日 00:52:12

ご無沙汰しております。
私事ではありますが、自分の勤める会社で先日人事異動なるものがありまして、滅茶苦茶ドタバタした、その真っ只中におりました。
 おかげでエースもガイバーを含めた3作ぐらいしか読んでおりません。(悲)

 さて、私本命ガイバーは話があっちこっちに飛びまくっておるようですが、それはそれで、楽しみました。読者サイドからすれば「早く話をすすめてほしい」とか、先が気になるのは当然でしょう。でもこれだけのキャラクターが個性を持ち、それぞれに動き回っているのは「ガイバー」という世界が確立されている証拠だと私は思っております。

 もし仮に連載当初のようなストーリーが変わらず続いていたら、そりゃ希薄な軽い物語になってたでしょうね。(晶一人でクロノスと戦うだけ?)

 現在ガイバーには、約7陣営が交錯していますが、それぞれが強烈な個性と主張を持っています。これらのキャラクターがこの先どのように物語を複雑にかき乱してくれるのか非常に楽しみです。

 来月号はもう一度アルカンフェルの話で、その次久しぶりに晶の登場かな?

- Gulfan - 2009年11月05日 14:32:41

>>つーやんさん
御無沙汰です^^

ガイバーは始まりのコンセプトこそ定番のヒーローものをオマージュした王道路線でしたが、練りこまれたストーリーや壮大な舞台設定など、今考えればなるべくしてこうなったと言えなくもないと思います。

個人的に主人公以外のキャラの個別活動の描写が好きなので今の展開も嫌いじゃないですね。
ただ若干盛り上がりには欠けるかな…とは思いますが(^^;

既存の作品でここまで勢力が分裂したものはみたことがないですが、それだけに先が読めないので楽しみですね。

次回は今回の直後の話なのはほぼ確定だと思いますが、そこからどこまで繋げられるかですね。
こんなことは言いたくないですが、恐らくその場面だけで終わるだろうと(^^;

- ともち - 2009年11月05日 20:24:25

お久しぶりです。

ガイバーのgdgd気味なのは
相変わらずのようですね・・・。

それでもやはり
続きが気になるのは悲しい性ですね。

- Gulfan - 2009年11月06日 14:40:22

おひさしぶりです、ともちさん。

このスローペースは如何ともしがたいですが、続きが気になるのは致し方ないですね、仕方ないです、ええ。

だって面白いんですもの(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
Check it!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード