FC2ブログ

【ネタバレ注意】エース5月号、入手しました【ガイバー速報】

というわけでガルファンです。

エース5月号買ってきました。
仕事休みなんで朝イチで近所の本屋に平静を装いつつ慌てず自然に駆け込んだんですが、


エースNEEEEEEEE!!!!!!!


強風の中必至でチャリ漕いで行った結果がコレですよ。
まあこの本屋はだいたいいつもこんな感じなんで普段はあんまり行かないんですけどね。とりあえず聖☆おにいさん3巻だけ買ってさっさと退出。

そしてそこからさらに1kmほど向かい風と戦い、大型の有名書店へ。
もちろんありました。あんな日和ったところとは格が違うZE!

それじゃあネタバレに入ります。
知りたくない人はスルーしてください。







舞台はガイバーⅡF対エンザイムⅢ戦。

超獣化兵の号令と共に一斉に襲いかかるエンザイムⅢたち。
それに真っ向から向かうガイバーⅡF。
高周波ブレードやヘッドビームを駆使し、一瞬のうちにエンザイムⅢ4体を討ち伏せる。

01

02



そして残った超獣化兵へ詰め寄るガイバーⅡF。
しかし、そこにあったのは彼が来ていたコートだけ。超獣化兵が煙のように消失してしまう。

03


なんとステルス能力を持つ超獣化兵だったのだ。それもガイバーのセンサーをもってしても感知できないほどの。

その時、ガイバーⅡFの背後からエンザイムⅢの鋭い尾先が彼女の左腕のブレードを削り取る。

倒したと思っていたエンザイムⅢたちが傷を回復させ再び立ち上がっていたのだ。


有効な攻撃手段がないまま戦闘は再開され、致命傷こそないものの傷付き、追い詰められていくガイバーⅡF。さすがに不利だと思い、空中から離脱しようと試みるが見えない壁によりそれを拒まれてしまう。

それがこの超獣化兵のもうひとつの能力である“広域バリヤー”だったのだ。


バリヤーがある以上離脱するどころか、制限された空間での戦闘は圧倒的に不利。しかしガイバーⅡF・ヴァルキュリアはこう言う。

「私はこんなところで倒れるわけにはいかない
それに・・・この程度の障害も乗り越えられないようでは到底私の目的は達せられない」

04


輝く腰のグラビティ・コントローラー。
ガイバーⅡFの真の実力が明らかになる・・・。









残念、アンケートの正解は「該当なし」でした。

行動としては「離脱」でしたが封じられてしまいました。結果は次回に持ち越しということで。

いつもよりページ多め+個人的に瞬殺予想だったので、てっきり次の展開まで進んでるのかなと思いきや、予想外の苦戦。まあエンザイムⅢに対する苦戦はある程度想定内ではありましたけど、ここにきてまさかのステルス&バリヤー能力を持つ超獣化兵の登場。

あの超獣化兵、エンザイムⅢを片づけた後に怯えながら惨殺されるのかなと思ってたんですが意外な伏兵でした。

しかしついに超獣化兵がバリヤー持つようになりましたか。
ますます獣神将のアイデンティティが・・・いや、なんでもないです。

ちなみにこの超獣化兵、人間態のまま姿を消して以来見えないままなんですがどういう姿か気になりますね。一見するとステルス、しかもガシュタルより高性能(っぽい?)でバリヤー持ちでとんでもないハイスペックな奴だとは思うんですが、その特殊能力に特化するあまり戦闘能力はあまり高くないのではないかと思うんですよね。

現時点ではバリヤー張って見えないところで大口叩くくらいしかしてないんでわかりませんが、それ以外に手を出してないことからそう推測しました。

しかし問題はヴァルキュリアさんですよ。
この状況からどう脱するのか。最後に重力制御球が光ってましたけど、あれから何をしようとしているのか見当がつきません。セリフから察するにバリヤーの大元である超獣化兵の打倒を第一目標にしてるみたいですから、何か奴をいぶり出す方法があるんでしょうか?次回に期待ですね。

ところで、今月号を読んでみてちょっとびっくりしたことがありまして。
実は今回の状況、前に銀の牙さんが夢で見たという状況にそっくりなんですよね。
http://67815410.at.webry.info/200903/article_15.html
正夢になっちゃいましたよ・・・(笑)


あ、そうそう次回予告にもちゃんとタイトル挙がってましたよ。
しかも最後から4つめ!こりゃあ期待できるZE!(どうなのか)
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- 銀の牙 - 2009年03月26日 20:30:08

いや、夢を見た当事者からすれば『怖い』です。
夢で見ていた光景が寸分違わず現実で再現されて
いくというのは・・・。
この状況で考えられるのは、「辛くも勝利する」
と思います。エンザイムⅢ部隊を余裕で倒せたら
、ガイバーキラーの名が廃ります。
ガルファンさんの指摘通り、ハイパーゾアノイド
は攻撃より防御に特化していると思います。

- ガルファン - 2009年03月26日 20:52:44

読んでてびっくりしましたよ(笑)
ⅡFが優勢ならメタル不調かなって思ってましたが、思ってたより状況は悪いようで、これなら戦闘中の不調はなさそうですね。
エンザイムⅢも伊達じゃないですね(笑)
ブレードで首狩りとかするのかなと思ったら普通に攻撃してましたね。エンザイムⅢの特性を知らなかったこともあるでしょうが。
あの苦境の中、どう巻き返しを図るのか非常に楽しみです^^

- 銀の牙 - 2009年03月27日 16:38:53

今日購入したんですが、2ページを使った迫力ある構図を楽しみました。
見て驚いたのは、広域バリヤーシーンです。ギガンテックエクシードを除けば、最大の範囲ではないんでしょうか。
そういえば、ハイパーゾアノイドの余裕しゃくしゃくの口ぶりがアプトムに似てますよね。

- ガルファン - 2009年03月27日 22:29:42

超獣化兵のバリヤーには驚かされましたよね。
これまではバリヤーといえば獣神将かギガンティックくらいしか使えませんでしたからね。
ステルスにバリヤーという防御面で申し分ない能力を持つ上、エンザイムⅢという最強の攻撃手段を持つが故の絶対的な自信なんでしょうね。

- ガイ - 2009年03月28日 14:18:10

やっと再開しましたね。今回もまた色々考えさせられる展開でした。
エンザイムですが、あそこまで切られても修復できるタフさに驚きです。
あれだと首はねても拾って付ければ治りそうな。
それと、ここにきて彼らが自我をもっていないと改めて明記されてました。
なので、思念波命令は受け付けても命令が理解できないとも思いましたが、その割にはハイパーゾアノイドが彼らを引率して空港まで連れてこれたわけですから、言葉は多少理解できる程度の従順さは持ち合わせているようですね。
すみません、ⅡFよりエンザイムに熱くなってしまいましてw

ガイバーⅡFも謎含みの展開でした。
目的の意味はともかく、ガイバー+アプトムでもかなり苦戦しそうな状況で、単独でありながらあれほど戦える力量がすごいです。
酵素が効きにくいから戦えた可能性もありますね。

それにしても、バリア使いのハイパーゾアノイドには自分も驚きました。
しかも、これほど広い範囲でそれなりの出力が出せるのですから大したものです。
指摘されたように、この能力に特化したために、戦闘力そのものは低そうではありますね。
アプトムが彼を補食したら、エネルギーの無駄遣いすぎて弱体化してしまうんでしょうか。
バリアは、形成者が中心にいるなら、位置も特定しやすいですが、バリアの位置はそのままにその内部を自由に移動できるとしたらすごいですね。
そうなると、見えない敵には血の霧という古来の手法(w)で対処するのかなとw
しかし重力器官発動は何のフラグなんでしょうね。
まさか、マイクロBH発動なんてことはないとは思いますが・・・。これは単なる丹田法気合いということで脳内決定していますw
人工物といえども、さすがに本家ガイバーにはない高度な技を出すのはあれなので、やはり持ってる牌で勝負してほしいと今のところは思います。

- ガルファン - 2009年03月28日 20:18:05

>>ガイさん
大丈夫です、自分、どっちかと言えばエンザイム寄りですから(笑)
エンザイムⅢ4体を相手にあれだけの傷で済ませるというのもすごいですね。やはり純粋な戦闘能力で言えば巻島をも上回っていると思います。

バリヤーはどうなんでしょうね。
ゾアロードはクリスタルのエネルギー供給がある上で使ってたと思うので、そう長くは維持できないのではないかと思います。
あの挑発的な態度も早期決着をつけたいが為ではないかと。

血の霧ですかwなくはないというか、十分あり得ると思いますね。

ガイバーの強力な打撃力は重力制御の賜物ですから、おっしゃるとおり気合いを入れているという意見には私も賛成です。
来月もおそらく掲載されていると思いますので彼女の活躍が今から楽しみです。

- つーやん - 2009年03月29日 05:10:03

ご無沙汰です。
久々に堪能しました。
僕もアノ後、「バル翁が危惧していたような大技が炸裂するのかな」とも思ったのですが、基本的に同じ強殖細胞から出来ているしそれはないだろうと思ってます。
「そんな使い方?」
て事はあるかもしれませんけど。

大技で思い出したのですが、先日コミックを読み返していました。ワフェルダノスと巻島が戦っているあたりです。
巻島がやたらと、
「高周波ブレード!」
「ソニックバスター!」
と叫びながら戦っていました。まるで武器・技の名を叫ばないと機械が作動してくれない70年代のロボットアニメのようだ・・・。
やっぱり、ガイバーのあの必殺技を使うときは

「ギガッッ!!スマッッッ・・シャアアアアアアアアアアアアアアアアッッッッッ!!!」
  シャア(エコー大)
  シャア(エコー中)
  シャア(エコー小)

てな感じでしょうかね(笑)

つまらない話ですみませんでした(汗)

- ガルファン - 2009年03月29日 15:14:13

>>つーやんさん
お久しぶりです^^
人造ガイバーは基本的にオリジナルと同じ性能で欠陥こそあれ、それを上回るものはないと考えています。
ただヴァルキュリアの戦闘能力が一線を画してるのでⅠやⅢ以上の活躍を見せたんでしょうね。

技の名前、言ってますねえw
技の名前って便宜的なものの他に、使用者がイメージを確立するためにあると思うんですよ。
特にガイバーなんかは殖装者が使おうと思った武器をメタルを介して各所に発現させるわけですし、何より精神力の強さが威力にも反映されると思われるので、より明確なイメージがあったほうがより大きな攻撃力を生むのではないかと思います。
あと、初見の人に対する説明を兼ねるとかw

- ぐるぐる - 2009年04月01日 02:25:55

初めまして。

最近ここのサイトを見つけて、ずっと拝見させて頂いております。
自分は小学生のころからガイバーのファンです、ここのサイトでガイバーの色々な情報・皆様の考え とても楽しく思います。

これからも度々、お伺いさせて頂きます。

- ガルファン - 2009年04月01日 16:15:32

>>ぐるぐるさん
初めまして!そして初カキコありがとうございます^^

自分も小学生の頃からのファンです。もしかしたら似た年頃かもしれませんね。

堂々と立てた予想がことごとく外れるある意味KYなブログですが(笑)これからもよろしくお願いします。
興味のある内容があったらどんどんツッコんでくださいね^^

- ざしきブタ - 2009年04月07日 22:34:36

初めまして、ガルファンさん。

自分もぐるぐるさんと同じく、長々とガイバーに付き合っているものです。最近は本屋にも行く暇がないので、このサイトをありがたく閲覧させて頂いております。これからも、よろしくお願いします。
さて、みなさんで盛り上がっている今後の展開ですが、私も短絡的ながら一つ予想ができましたので書き込ませて頂きます。
ガイバーⅡFの行動ですがこれは
「上がダメなら下(土中)」ではないでしょうか。かってガイバーⅢが超獣化兵五人衆と戦った際、重力器官発動で土中に逃れ、更にそこからの奇襲により五人衆の一体ザンクスルを倒したことがあります。
まあ、あの作者が同じ手段を使うか疑問ですが。
うーむ。予想しておいてなんですが作品が作品だけにふたを開けてみないと分からないような気がします。(弱気)

とにかくこれからもがんばってくださいね!
PS、HPへの書き込みに慣れていないので文章がきたなくて申し訳ありません。

- ガルファン - 2009年04月08日 01:16:07

初めまして、ざしきブタさん!初コメありがとうございます^^

上がダメなら下からという展開、十分あると思います。バリヤーが地下にまで及んでないのを前提とするならば地下から脱出という手段もありますが、状況を見るに超獣化兵を倒すのが目的のようですからね。

銀の牙さんが立てた予想と似てる部分もありますね。内容は砂煙を立ち上げて視界を封じ、その中で超獣化兵の動きを砂塵の動きによって見出すというものです。
それを組み合わせて、砂塵を巻き上げつつ、地中うに潜伏し、超獣化兵を発見して奇襲。これだと勝機も見えるかと。

文章がきたないだなんてとんでもない!
私の稚拙な文章なんかよりよっぽどしっかりしてますよ^^

こちらこそ、これからもよろしくお願いします^^

トラックバック

URL :

プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
Check it!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード