FC2ブログ

【エース6月号】驚異の一撃 -フリージング・カタストロフ-

最近、仮面ライダー鎧武のロックシードに軽くハマってます。

クルゥミィ!を確保できたのはラッキーでした。

ガイバーⅠの力を借りたものの、エネルギーを使い果たし元の姿に戻るアプトム。
その頃アポルオンはギュオーを追って街の中へと侵入していた。
ギュオーに追いついたアポルオンは街中であるにも関わらずデヴァワリング・プラズマを放とうとする。



やめろおおぉぉぉぉ!!!!←多分街は破壊しない

スポンサーサイト



この記事へのコメント

- JMS - 2014年04月26日 21:48:12

おなじみになりつつあるあのプラズマ攻撃ですがあれは誘導弾だから上手くギュオーのみを狙ってもらいましょう
それにしてもアポルオンは普通に強いだろうしギュオーだってリムーバーの件があるとすると油断はできませんし
正体バレで晶一人であの二人と接触する事になってしまいそうなのは少し心配です
こうしてみるとあの山火事消火はこの流れになるよう計算されたイベントだったようですね
そして後は森で休憩中のアプトムと追ってきたヴァルキュリアが出会うイベントが発生でしょうか?

Re: タイトルなし - Gulfan - 2014年04月26日 23:46:21

>>JMSさん
アプトムがあの場で残るってことは後を追ってきたヴァルキュリアと遭遇する確率高いですよね。
そうなるとようやくあの時のフラグを回収できるわけですね。まあ何のフラグかわかりませんが(笑)
ああ、確かにアプティオンの正体がガイバーⅠということがわかればギュオーは好機、というか逆転できる唯一の機会と思ってリムーバーを持ち出しそうですね。
そこにヴァルキュリアが合流するとしたら、何らかの理由でⅡFにリムーバーを当てるという展開にもなり得るかもしれません。
ようやく話が動き出しましたね(笑)

時の流れは已まず - 原初のマン - 2014年05月19日 01:45:06

アプトムとヴァルキュリアの対面て・・・「よう、久しぶり」「あんた誰」?
私はアポルオンの行動目的にブレはあまりない。(出現時に主目的がきまっている) と考えてます。村上説も今一つ矛盾を感じます。少なくとも村上の記憶はあっても以前に戻ることはないでしょう。ハンニバルのお父さんが大まちがいしてなければ・・。「降臨者の登場」は 逃亡と時間や道筋から唐突で有り得ないと考えてます。ただ、一つ気になる点はありますが。高屋先生、何か修正したかなあ。いや、資料もらってたのが大分古くなってる可能性があって…

Re: 時の流れは已まず - Gulfan - 2014年05月19日 10:36:50

>>原初のマンさん
アポルオンは目的達成の為に最小限の動きをしてるように思えますね。
アポルオン=村上説はもっとも有力だと思いますが、アプトムに対する言動から矛盾もあったりしますからね。
降臨者の登場はいろいろとリスクが伴うと思うので、実際高屋先生がどう持っていくかわかりませんが、その辺は慎重に進めていって欲しいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
Check it!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード