FC2ブログ

【エース10月号】お披露目

ゾゴックが気になって仕方がない今日このごろ。






戦闘形態をとりバイタルポッドで調整を受けるシン。
その後、一室で黄昏れていた所、見慣れないものを発見する。
それはなんとアリゾナで犠牲となったワフェルダノスの枝根だった。





以上です。


ページ数にして8p。一瞬で読み終わります。
ほぼシンの戦闘形態お披露目のみの内容となっております。
やたら刺々しいです。手も棘々です。
あとワフェルの枝根。
これはもしかしてもしかする展開があったりなんかしちゃったりします?

あとバルカス翁。
あんたの「・・・・」みたいな沈黙不吉だからやめてくださいお願いします。

あ、ちなみに30巻の表紙は例のアプトムxガイバーです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- ガイバーIV - 2013年08月26日 23:10:12

ゾゴックって赤くて腕の伸びる可愛いやつっすね

植物は強いですからね 本人レベルは無理でも臣民を作るくらいできそうですね

30巻アプトムスーツっすか!!一方的友(愛)情の集大成じゃないすか

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年08月26日 23:21:23

>>ガイバーⅣさん
HGUCでユニコーン版ゾゴックが出るんですよね~。
前はスルーしようと思ってたんですが、パシフィック・リム観てから無骨なフォルムに妙なかっこ良さを覚えて気になりだしました(笑)
人型ロボの操縦はやっぱモビルトレースシステムが正しかったんだと思いましたね、ええ。
話が逸れました(笑)
果たしてあの枝一本にワフェルの遺伝情報がどれだけ含まれているかですよね。
あの枝がワフェルそのものであれば、仰るとおりワフェル本人は無理でも、それに近い何かを再現できるかもしれません。

一方的じゃないですよ相思相愛ですよ彼らは(白目)

- シゲキ - 2013年08月27日 09:41:40

爺は盆栽でも始めるつもりですかね。
まぁ、隠居した方がお体の為ですしね。
以上・・・

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年08月27日 18:58:18

>>シゲキさん
植木鉢に移して小さいワフェルを育てる余生ですか・・・話し友達には不自由しませんね(笑)

- 101 - 2013年09月06日 14:13:43

>ゾゴックが気になって仕方がない今日このごろ。
といゆうことはジオン好きですか?

私が住んでいる県は最近エースが置いてある書店が少ないので中々読めないです(汗)
>ワフェルダノスの枝根。
これを使ってワフェルダノス復活とかあったら熱い展開ですね

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年09月07日 04:36:10

>>101さん
ええ、ジオン好きです!ジオニストっていう程熱狂的ではないですけど、ガンダム以外のMSが好きですね(笑)
ジオンMSはモノアイが好きなんですよね。プラモでは結構遊べるじゃないですか。
それがガンダムだと塗装が面倒で・・・(笑)

ワフェルの枝根はやはり復活フラグなんでしょうかね。
しかし何故今更・・・何か意味があるんでしょうか。

- 奈久留 - 2013年09月13日 23:05:41

お久しぶりです。

私は降臨者の正体について、以前ネット上で見かけた自我統一群体説を支持しているのですが、
仮にこれが当たっているとすると、“中央”審議会があることから考えて、
アプトム群体のように各個体が同格なのではなく、
ワフェルダノスみたいにある程度機能分化しているのではないかと妄想しています。

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年09月15日 22:55:23

>>奈久留さん
お久しぶりです!そしてレス遅れて本当にすいません!<(_ _;)>
なるほど、降臨者はひとつの自我から枝分かれしたような群体なのではないかということですか。
コントロールメタルを介して意識を統一するのもできそうですよね。
ということはユニットを統率する上位の存在がいるということに・・・。
それガイバーにとっては結構ヤバイですね。ギガンティックなら抵抗できるかもしれませんが。

トラックバック

URL :

プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード