FC2ブログ

【エース9月号】すべては誇りの為に。

皆さん、エース買ってますか?

そしてアンケート出してますか?

当背者数の少ないプレゼント応募なんて出しても当たらないからアンケートなんて出さねぇよって人も少なからずいると思います。

しかし、出さないと当たるものも当たらないんです!

たとえたった1名でも必ず誰かが当選するんです!

0.01%の確率でもでも決して0じゃないんですよ!!(ドン)


まあ、どうしてこんな事言ってるかっていうとこの度見事当選していたようで先日商品が届いたんですよ。

名前バレするかもしれないので何かは言いませんが。


話が逸れましたね、それでは今月もいってみましょう!

エル・プサイ・コングルゥ!!


父ロバートが身を置くNY支局長を継ぐように説得されるオズワルド。
しかしオズワルドはそれを拒み、継母であるアストリッドの出自を侮蔑する。
それを偶然聞いてしまったヴァルキュリアは唯一の味方だと思っていたオズワルドに裏切られ、失意の中その場から逃げ出す。

それからオズワルドは監察官の道を歩む為に家を離れ、成長したヴァルキュリアは母と同じ政略結婚のコマにされることを拒み、オズワルドを上回る速度で監察官への道を進み、22歳で監察官となる。

そこで母の血筋であるフォーシュバリ家の名誉を守る為、オズワルドを上回る功績を上げようとしていた矢先のオズワルド死亡の報。
生きる目的を失ったヴァルキュリアはオズワルドを倒したガイバーⅠを倒すことでオズワルドを超えた証明を果たそうとしていた。




単純に仇討ちってわけではなかったんですねぇ。
血筋の名誉をかけた戦い・・・名誉に固執しないパンピーな我々にとっては「へ?そんなことで?」って思うかもしれませんが、由緒正しい家柄に誇りを持ち、それを自分のアイデンティティとする人間にとっては自分の命よりも重大な事なのかもしれませんね。

しかしですよ、ここで明確になったのは、“ヴァルキュリアはガイバーⅠを憎んでいるわけではない”ということ。

そしてここ大事、“生きる目的”。
このキーワードどこかで聞いたことありませんか?ありますよね?
親友の仇だったのが今となっては無二の戦友となったあの究極戦闘生物さんですね。

ということはですよ、今後の状況如何ではヴァルキュリアが晶陣営に加わる可能性が微粒子レベルで存在するかもしれないって話ですよね!ね!真奥さん、ね!!

E-Ⅲ戦でアプトムを絡ませたのもこの伏線なのではないかと思いたくなります。
まあ、あれは単に晶への伝達目的だと思いますが・・・。

ヴァルキュリアの回想も今回で終わりっぽいですね。
次回は巻島辺り描いてほしいなぁ。

え、触手プレイ?
そんなもん少年誌で載せられるわけないじゃないッスかー、やだなー、もー(血涙)
スポンサーサイト



この記事へのコメント

はじめまして! - 漆黒 - 2013年07月27日 17:17:31

ガルファンさんはじめまして!ガイバーとともに毎月拝見させていただいてます漆黒と申します。今回初コメさせていただきます。
ヴァルキュリアの目的が仇打ちではなく、自分の誇りのためだったとは…。今回でますますヴァルキュリアのキャラに深みが出ましたね。
今回で気になったのは、「オズワルドは継母であるアストリッドの出自を侮蔑していて、何故、義妹のヴァルキュリアには優しくしていたのか?ヴァルキュリアに話を聞かれてから実家に近づかなくなったのは、ヴァルキュリアに対する罪悪感から?本当はヴァルキュリアのことは妹として愛していたのでは?」と思いました。もしそうだとしても、ヴァルキュリアにとっては、母を侮蔑することは自分を、フォーシュバリ家そのものを侮蔑することだと思ったのでしょうね。いずれにせよ、オズワルド亡き今、彼の本心は分からずじまいですね。今後のヴァルキュリアの行く末が気になります。
長々と大変失礼しました。最後に当選おめでとうございます!

Re: はじめまして! - Gulfan - 2013年07月27日 18:46:05

>>漆黒さん
初めまして、コメントありがとうございます!
オズワルドのアストリッド、及びフォーシュバリ家への侮蔑は彼本来のエリート志向によるものではあるのでしょうが、あの場面に関しては感情に任せての発言だったこと、またヴァルキュリア母娘がその場にいなかったことによるものだと思います。ヴァルキュリアに聞かれた時の表情からは若干焦っていることが読み取れました。
だからやはり漆黒さんの仰る通りオズワルドは純粋にヴァルキュリアに対しては兄妹としての愛情を持って接していたと思われます。
今後オズワルドの真意が明らかになるかはわかりませんが(もしかしたら手紙や日記が残っていたり)ヴァルキュリアの心が穏やかになれればいいなと思いますね。

長文だろうが一言だろうが何でも気軽にコメントしていってくださいね。
今後共よろしくお願いします^^

- JMS - 2013年07月27日 22:25:26

ガルファンさんが何か当たったと聞いて!(ガラッ
おめでとうございます。

私もリスカーさんの暴言は本心ではなく何か日記的なものでも残ってて後に誤解が解けると思いたいです。
ガルファンさんの読みも良いですよね。それならヴァルさんの活躍が敵と味方とで二度美味しいですし。
最後にアストリッドさんの遺影・・・若過ぎっ!

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年07月27日 22:40:07

>>JMSさん
いやいや、ありがとうございます^^
持っててよかったPSVITA!

リスカーが必要以上に巻島支部長を煽っていたのはこういった背景があったからかもしれませんね。
しかしリスカーもただ冷徹なエージェントではなく、家族があり、また深い愛情を持っていたとなると人物像にも深みが出ましたね。今回の回想は蛇足と捉える人も多少いると思うんですが、私は良かったと思います。

- shyrook - 2013年07月28日 07:34:19

リスカー父子の「アレ」は典型的な親子ゲンカな面もあったと思う。

自身の地位を息子に継がせようとする父親。「七光なんぞ御免だ」と反発する息子。

まあ、オズワルド自身に出世欲が無かったとは言いませんが、10代の頃はそこそこ潔癖なトコはあった筈。
地盤固めの為にコブ付きの後妻を入れた父親に反発してあの物言いになった事は想像に難くない。

ヴァルキュリアに対しては、やはりあの時に「聞かれているとは思わなかった」のだと思う。

しかし、ヴァル姐味方化の可能性ですか…。これは晶が人工コントロール・メタルをどうにかできるか、かな?
曲がりなりにも強殖細胞の制御ができているのだから、デュアル・メタルからフログラムをDLするとか…。

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年07月28日 13:44:33

>>shyrookさん
ロバートはとにかく家の安定、保身を第一に考えていてオズワルドはそんな守りの姿勢が気に入らなかったんじゃないかなーって思うんですよね。それに自分は支局長で一生を終えるような器ではないと自分に自信もあったのでしょう。だからこそああまで激昂しちゃったんだと思います。

現状、ヴァルキュリアはどう転んでもデッドエンドという崖っぷちに立たされているので晶くんの奇跡にお願いするしかないですね。

- シゲキ - 2013年07月29日 12:51:24

Gulfan様

超お久しぶりです。
やっと単行本のページ数までたどり着いた様で。
もう一度29巻まで復習しないと、意味がわからなくなりそうです。

それにしても誇りのために死をも恐れないとは、さすがヴァル姐。
本当にギュオーが目的を知ってるのかは突っ込まないようにしましょう。

出来ればヴァル姐には人造メタルで記憶をなくしてもらい、正義のガイバーとして甦って欲しいものです。

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年07月30日 04:56:43

>>シゲキさん
おお、お久しぶりです!
単行本は前巻と同じ発売月ということでなんと1年ジャスト。今回は休載少なかったですからね。
誇りに関しては自分としてではなく、誇りを貶められたまま亡くなった母の名誉挽回を第一に考えている気がします。
そういやギュオーは何故そのことを知ってたんでしょうね。
もしかしたらヴァルキュリアは知らないけど、何かしら過去で関係してたのかも。
なんとなくギュオーもエリート家系な気もしますし。
あのしぶとさから見ると1代で上り詰めたのかもしれませんが。

- アイザック - 2013年07月31日 22:39:42

ガルファンさん、こんばんは!プレゼント当選されたのですね、おめでとうございます~!私もつい先日、とあるコミック雑誌のサイン本プレゼントにまさかの当選がきました!仰る通り、コツコツ応募してるとたま~にイイコトもありますね。

さてヴァルキュリアさんの行動目的が明かされましたね。私も彼女が個人的な恨みを深町君に対して持っているわけではない、というのが少し安心しました(笑)
是非とも彼女には死闘の末に誇りや名誉よりも重いものを背負って戦っている、
「普通の高校生だった」深町君の生き様に何かを感じて頂きたいですね!
あっさり敵キャラとして退場してしまうのは惜し過ぎる方ですよヴァルさんは!

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年07月31日 23:12:05

>>アイザックさん
おお、アイザックさんもですか、おめでとうございます!^^
お互いダメ元でも応募してみるものですね。

ヴァルキュリアが深町の事情を知るとなると、深町本人から話すのはどうにも不自然です。
そこで誰に語らせるとなると、やはりアプトムしかいない気がするんですよね。
しれっと自分の身の上も零しそうではありますが(笑)

- まかよん - 2013年09月04日 10:19:29

はじめまして、いつも楽しみにしています。
プレゼント当選おめでとうございます。
さすがA書店とは違いますねw

Re: タイトルなし - Gulfan - 2013年09月04日 10:49:45

>>まかよんさん
初めまして、コメントありがとうございます。
ええ、そうですねぇ、なんていうかある意味タイムリーな事件でしたね(^^;
まあどこの出版社も多少は…か、角川はそんなことしないですよ!ええ、ありえないッス!ありえないッス!

トラックバック

URL :

プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
Check it!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード