FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【休載】落胆と激情のあいだ【裸祭】

こんにちは、ここ数日の更新頻度に自分でも驚いているガルファンです。


もう仰々しく言うまでもないんですが、各所でも言われているようにエース4月号にガイバーは未掲載でした。


最後に掲載されたのが11月発売の1月号。そこから実に3か月もの空白期間があったわけで、読者の不満の声があちこちから聞こえてきそうな雰囲気ですが、

なんだろう、この穏やかな気持ちは・・・(  ̄▽ ̄)


ガイバーⅡFVSエンザイムⅢ部隊戦の行方が早く読みたいという気持ちはもちろん強いのですが、それ以上に26巻でイイ仕事してくれたので、むしろ感謝!みたいな、休載やむなし!みたいな。

そんなわけで右手に見えるアンケートも来月まで持ち越しです。
これまでの結果もそのまま継続して集計します。別に一人一票とか考えてないので何票でも入れて頂いて結構です。
ちなみに寄せられたコメントはここにて紹介させていただく可能性があることをご了承ください。


それでは26巻情報解禁ということで内容の感想及び考察へと移っていきたいと思います。

26巻はイマカラムの独白に始まり、女ガイバーことヴァルキュリアのP.O.H.襲撃の話に繋がります。
その次の回で最初の加筆が入り、前回で挙げた通りスマッシャーを撃って脱出した後のヴァルキュリアの様子が描かれています。


P.O.H.を脱出し、移動手段である車を停めてある近くの森の中へと逃れるガイバーⅡF。
殖装を解除しようとするが、なんと着ていた衣服は再構成しきれず、崩れ落ちてしまった。




追加


これが人造メタルの不具合の一端です。
諸事情で寸止めなのはご了承ください(笑)
ヴァルキュリア自身もこの人造メタルが不完全だということは噂程度には知っていた模様です。
しかし、人造メタルの不具合がこれだけなわけがありません。バルカスやあの超獣化兵の言いようから察するにもっとリスキーなものが潜んでいるはず。それは今後の話の中で判明していくでしょう。

しかし美しい・・・(笑)
殖装解除が正面からなら尚良かったんですがね。もっと言うなら1ページ丸ごと使ってやってくれてもよかった(笑)まあそれやると流れとしておかしい構成になっっちゃいますけどね。

しかし彼女も大変ですね。これから殖装する度に服や装飾品が無くなっていくんですから。
これではうかつにブランド品なんて身に付けられないですね(笑)
それに殖装を解除するにも周りに人がいないのを見計らわないといけない。
晶たちの前で裸体を晒してそれに晶が見とれてしまったりした日には獣神将も真っ青な修羅場が繰り広げられそうですからね(笑)



そして所変わって方舟内のカールレオン閣下。
ここで謎の侵入者・アポルオンとの戦闘が繰り広げられるわけですが、そこで披露されたのが獣神将カールレオンの特殊能力。

自身を虚数領域に沈め(エヴァにこんなのあったっけ?)そこから通常空間に3体の分身を投影し、戦わせる。それらは虚像故にいかなる攻撃も受け付けないにも関わらず本体同様の戦闘能力を持つという。

こんなのガイバー達では到底太刀打ちできないじゃないか(笑)
どんなチート能力だよ!って思いますが、実は弱点もあり、この能力を行使するには絶大なエネルギーを必要とし、ものの十数分で全エネルギーを使い果たしてしまうとのこと。

ダメじゃん!(笑)
短期決戦用だとは思うけど、攻撃手段が誘導光弾というイマイチ決定打に欠ける能力しかないという事から見てもタイマンには向かない、攻撃補助が主目的なんじゃないかなと。

それだと晶相手なら思うように翻弄できると思うけど(最初のみ)、巻島相手だったらすぐに弱点見抜かれてバテたところをバッサリやられるのがオチですよ。獣神将って意外に肉弾戦系少ないのかね。格闘系に特化してるのは今のところギュオー、イマカラム、間接的ではあるがカブラール。
あとは遠距離とか特殊能力に特化した人ばかり。シンも見た感じ遠距離っぽいし、あとはクルメグニクが個人的には格闘系っぽいと思う。

・・・・・あ!ガレノス!ガレノス忘れてた!!(マジで)


そしてまた場所は変わり日本。おいでませ、ヴァルキュリア様!!全力で歓迎いたしマス!!

ここで修正が入っていたのがヴァルキュリアと出迎え超獣化兵のコート。
雑誌掲載時より細かいディテールが描き加えられています。



修正版



ちなみに前のがコレ。



修正前



前はトーン処理だったのが単行本ではベタで光沢が表現されています。
これにより胸が強調されたので実に良いと思います(笑)



あと、読んでいて気付いたことがありまして。

作中でガイバーⅡFのユニットを「人造ユニット」とは呼んでないことです。
あくまで「人造コントロール・メタル」といった呼称をしています。

それは何故か?

P.O.H.に保管されていたのがコントロールメタルだけだったからです。


作中のセリフにこうあります。

『リスカーの協力のもと 各種計測データと“強殖細胞”のサンプルが採取されアリゾナ本部に送られた

『本部基地消滅直前までアリゾナにいた者でP.O.H.のセクションDに出入りできる権限を持つ人物』

要するに強殖細胞のサンプルはアリゾナ本部に、人造コントロールメタルはワシントンのピラーズ・オブ・ヘブンに保管されており、ユニットとしての状態ではなかったのではないかと思うのです。
それでアリゾナ本部壊滅直前までいたヴァルキュリアはそのサンプル細胞を混乱に乗じて持ち出し、P.O.H.の人造コントロールメタルを組み合わせてユニットを構成したのではないかと。

詳細はおそらく本編にて明かされていくでしょうが、何にせよとりあえず
ヴァルキュリアの殖装シーンは外さないでください!お願いします!!

スポンサーサイト

【謀ったな!】ピエロ【親父にも謀られたことないのに!】



orz





やられました・・・・ってか勝手にこちらが思い込んでただけなんですけどね・・・


昨日・・・っていうか日付的には今日の更新分であたかもエース4月号にガイバーが掲載、サービスカット満載の裸祭りじゃあぁー!!的なノリでテンションアゲ♂アゲ♂で一人狂ってたわけですが、実は単行本の加筆であることがつい今しがた判明致しました。


早とちりから誤った情報を流してしまいスミマセンでしたm(_ _)m


だからエース4月号の掲載有無はわかりません。ここに来て早売り情報が出てないということは休載の可能性すらあります。ここは26日、明日を待つ以外にありません。明日また結果報告します。


しかし、それでも単行本に加筆・修正があったのは確かな事実。今はそれを喜びとしましょう。


今回発売されたガイバー26巻の加筆箇所を大まかに挙げると、


・ガイバーⅡFがP.O.H.を襲撃し、脱出した後の様子。
ここで人造メタルの「不完全」な理由の一端がわかります。おそらく他にもっと深刻な要素があると思われます。とりあえず、街中で殖装解除したらえらいことになります(笑)

・小田切邸での晶たちの一コマ。
前回の最後の一行がここに当たります(笑)


我らが熱望していた「殖装シーン」はありませんでしたが、それは次巻に期待します。
・・・・次か、何年待つんだろう・・・。

そして修正ですが、細かい部分は見落としてるかもしれないんですが、明らかに修正されている箇所があります。

ヴァルキュリアが来日してエンザイム部隊に出迎えされた話。
ここでヴァルキュリア及び獣化兵たちが着用していたコートにディテールが書き加えられています。
雑誌掲載時はヴァルキュリアのものはトーン処理、超獣化兵に関してはほぼ白地で簡単にしわがある程度でしたが、質感を感じさせる処理が描き加えられています。

あとエンザイムⅢの獣化シーン。
掲載時は変な効果のコマにセリフが乗せられているだけで獣化途中のシーンは省かれていましたが、今回はちゃんと途中のシーンが描き加えられていました。


それと最も大きな修正がコレ。
掲載当時、ウチでも取り扱ったメタルの切れ目移動事件、当時各所でさんざん議論されてきたんですが、なんというか、やはり作画ミスだったらしく今回すべて角度は修正され(/)で統一されたみたいです。


G2F



巻末資料はおおむねの予想通りガイバーⅡFと獣神将カールレオン。
ここでカールレオンの能力の燃費の悪さが明かされます(笑)
短期決戦用なんだろうなぁ。


あとは4月号の掲載を祈るのみ!!頼むぜ、御大!!

【フライング上等】エース4月号【早売り情報GET】

仕事中にテント張らせる気かっっっ!!!!




というワケで早速早売り情報を某巨大掲示板よりゲットして参りました。
とは言っても数枚の画像のみだったんですが。



しかぁし!!

その少ない画像の中には僕らの夢(欲望)がパッツンパッツンに詰まっていました。冒頭の一言がその象徴です。




その画像を紹介したいのは山々なんですが、やっぱりこれ以上ないネタバレですし、アンケートしたりとかいろいろ煽ってきた手前、そう簡単に出していいものかと思うんですよね。

だから内容の紹介、考察、またキャプチャー画像などの掲載はエース発売日の26日以降にしようと思っております故ご了承くださいませ。


ただ、やはりお先にネタバレ画像を見てしまったが為に燃え上がった我が紫色の炎は今なお燃え盛っており、ちょっとガス抜きしてやらないと今にも暴発しそうなんでちょっとだけ吐きます。






晶が一皮剥けました。





【26巻】来たぁぁぁぁぁぁぁ!!!!【表紙】

ついに26巻の表紙公開!!!












テンション上がってきたーーーー!!!!(*゚∀゚*)


【緊急】単行本26巻&エース4月号発売直前アンケート【企画】

ご無沙汰してます、とりあえず生きてます、ガルファンです。

某巨大掲示板も迷走してるようにとにかくヒマな上にネタも出尽くしたということで、今回は今月末にも真相が明らかになるであろうガイバーの新展開について皆様の予想を聞いてみたいなと思います。

とりあえず2月いっぱいまでを期限として設置します。
もっと詳細な意見があればコメントもガシガシお待ちしております。

それでは。


※サイドメニューに移動しました⇒


p.s.そういえば、5000HIT突破してました!ありがとうございます!!

まあ、5000のキリ番踏んだの、俺だけどね!!
プロフィール

Gulfan

Author:Gulfan
女ガイバーをこよなく愛する、強殖装甲ガイバーの自称ファンです。ちなみに某冒険野郎とは一切関係ありません。

【当方の定義】


 バルキュリア

 ヴァルキュリア
※その場の空気で変わることがあります。


簡単ですがバナー作りました。よろしければ使ってくださいませm(_ _)m


twitter
pixiv
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブでクラウド

カテゴリ
カウンター
意識調査
Check it!!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。